会則

(名称)

第1条

本会は、広島佐伯リトルリーグ野球協会及び広島佐伯リトルシニアリーグ野球協会(以下リーグという。)と称する。

(目的)

第2条

野球を愛好する少年に野球を正しく指導し、且つ、その体力の向上とスポーツマン精神を養成するとともに、人間として礼儀正しく健全な成長を遂げることを目的としてこの交歓の場を与える。

(構成)

第3条

リトルリーグは未就学児から満12歳まで、リトルシニアリーグは中学生を対象とする。リトルリ一グは、 マイナーークラスとメジャークラスで構成されており、マイナークラスは、未就学児から小学校4年生までとし、メジャークラスは5年生から中学校入学までとする。

(占有地域)

第4条

当リーグは広島市佐伯区、廿日市市、大竹市及びその近隣を占有地とする。

(会員)

第5条

前4条に定める地域に居住する者のうち、入団の意思表示を行ったものに対し、当リーグ会長が面談を実施し、当リーグへの入団がふさわしいと認める者が、入団誓約書にサインし会長宛に提出した時をもって、会員とする。なお占有地域以外であっても当該地域のリーグ会長同士が書面により双方合意した場合入団させることができる。

(事業)

第6条

当リーグは、目的を達成するために次の事業を行う。

①連盟が主催する各種大会及び事業への参加。

他リーグとの親善試合及び合同練習。
③他リーグとの親善交流に関すること。
④他団体の主催する野球教室への参加。
⑤他団体が主催する青少年健全育成事業への参加。
⑥その他野球育成に関すること。
⑦会員の進路指導。   
⑧その他リーグが必要と認めたもの。

(役員)

第 7 条

当リーグは役員を置く。

  • 会長:1名
  • 副会長:2名
  • 会計長:1名
  • 事務局長:2名
  • 監督:3名
  • コーチ:若干名
  • 会計監査:3名
  • 保護者会長3名
  • 婦人部長:3名
  • 審判部長:3名
  • 管理部長:3名
  • 安全部長:3名
  • 企画部長:3名
  • 運輸部長:3名
  • 広報部長:3名
  • 大会運営部長:3名
  • アナウンス部長3名
  • 佐伯杯担当部長:若干名
  • 顧問:若干名
  • 相談役:若干名
  • スコアラー:3名
  • 審判長:若干名
  • 監督が指名した臨時コーチ随時

(執行部)

第8条

会長、副会長、事務局長をもって構成し、当リーグの企画運営に関する重要事項を計画、決定し執行する。

また、必要に応じて執行部会を開く。

(役員の任務)

第9条

役員は次の任務を行う。

①会長は、当リーグを代表し、すべてにおいて統括する。
②副会長は、会長に代わって日常業務を統括、遂行する。また、会長を補佐し、各クラスの円滑な運営を図るとともに、各クラス役員を 
 統括する。
③会計長は、リーグの収入及び支出に関する一切の業務を行う。
④事務局長は、一般案件の事務処理、連絡事項、渉外事項、事業計画の立案、広報業務、役員会の招集等リーグの円滑な運営に関わる一
 切の業務を行う。
⑤監督は、各クラスのコーチ、選手を掌握し、チーム編成を行う。また、公式試合等においてその指揮を執る。
⑥コーチは、監督を補佐し、その指示に従い、選手個々の技術の向上に努める。
⑦保護者会長は、保護者が円滑にリーグの運営に協力できるように保護者のまとめ役として行動し、保護者への指示を行う。
⑧婦人部長は、保護者の協力を得て、食事の準備、手配、湯茶の接待、飲料水の確保、試合時にアナウンス等事業遂行のため、必要な作
 業及び環境づくりを行うとともに女性保護者を統括する。
⑨審判部長は、試合の審判を担当するとともに、各種試合の審判員の手配を行う。また、審判技術の向上を目的とした研修に参加させ、 
 指導を行う。 
⑩管理部長は、リーグ所有の野球用品、機械、車両等について、日常の維持管理を行う。
⑪安全部長は、緊急時の対応並びに障害賠償の保険加入に関する一切の業務を行い、選手の安全対策に努める。
⑫企画部長は、旅行、レクリェ一ション等の企画立案及び他団体が主催、開催する催物への参加手続きを行う。
⑬運輪部長は、選手の移動手段について、配車の手続きを行い、安全且つ円滑に輸送できるよう手配する。
⑭広報部長は、練習・試合等の活動の記録を行いリーグ内外に発信する。
⑮大会運営部長は、各種試合において保護者会長・審判部長の補佐を行い、大会が円滑に進むように活動する。
⑯アナウンス部長は、各種試合のアナウンスを担当するとともに、各種試合のアナウンスの手配を行う。また、アナウンスの技術の向上
 を目的とした研修に参加させ、指導を行う。      
⑰佐伯杯担当部長は、執行部・監督・コーチとともに佐伯杯の企画・運営に関して中心的に活動する。
⑱相談役及び顧問は、執行部の諮問に応じ、の意見を具申する。
⑲スコアラーは、公式試合、その他の試合において、その内容を克明に記録し、試合内容の分析を行い、監督、コーチに対し情報提供を
 行う。また、個人成績を集計し、個々の能力向上の資料をして活用する。
⑳会計監査は、会計を監査し総会でこれを報告する。

(役員の任期)

第10条

役員の任期は、1年とする。ただし、再任は妨げない。
①年度途中に就任した役員の任期は、その年度内とし再任は妨げない。
②任期中に当リーグの名誉を棄損し、また、事業の目的に反して、役員としての任務を著しく怠った場合等は、任期途中であっても執行
 部の議決により、これを解任することができる。

(会員の資格喪失)

第 11 条

会員が退団の意思表示をしたときは、その資格を失う。

①無断欠席1カ月以上、会費滞納3カ月以上があったとき。
②当リーグの名誉を著しく傷つけたとき。
③リーグの運営に著しく支障をきたす、不穏な行動及び発言があったとき。
④前①項から③項においては、執行部会において決定する。
⑤その他、執行部会において、その必要があると判断したとき。

(会議)

第 12条

会議は、総会、役員会、執行部会、監督コ一チ会議とする。
①総会は、年1回8月に開催する。また、必要に応じて臨時総会を開催できる。
②役員会、執行部会、監督コーチ会議は、必要に応じて随時開催する。
③会議はすべて、会長及び事務局長が招集する。

(会費等)

第 13 条 

会費及び用具費(以下、会費等という)は次のとおり定める。
①リトルマイナークラス月額4,000円会費、メジャークラス月額5,000円、シニアクラス月額6000円とする。
②第5条により会員の資格を取得したものは、会費等を拠出する義務を負う。
③会費等は、毎月10日までに婦人部長が徴収する。
④前①項のほか必要に応じて臨時会費等を徴収することがある。
⑤前①項の額は、世情の変動等により、総会の承認を経て改定する。
⑥会費等は当リーグの事業運営及び目的遂行のためにこれに充当する。
⑦兄弟姉妹が同時に在籍するときは、すべての弟妹の会費等から1,000円ずつ減額する。
   例)シニア兄6,000円、メジャー弟4,000円、マイナー妹3,000円
⑧徴収した会費等は、いかなる場合においても、第6条の①から⑧項以外の目的に流用してはならない。
⑨徴収した会費の中から月10,000円程度(金額は収支の状況により決定する)グランド撤去などの不測の事態に備え別に預金
  「以下、別段預金という。」する。なお、別段預金の使用については、会長判断とする。         

(表彰)

第14条

毎年9月1日から翌年8月31日までの1年間無欠席の選手は、これを表彰(以下、皆勤賞という)する。

①無欠席の選手とは、土日、祝日の練習及び試合(夜練を除く)を1年間1度も休まなかった選手(練習参加者)をいう。

②練習参加者とは、練習に参加した選手をいう。グランドに来たが、体調不良により練習に参加することができず、帰宅した者について

 は、欠席とする。なお、怪我等により練習には参加できないが、グランド内でチームサポート等を行ったものについては、練習参加者 

 として認める。

③学校行事(参観日、体育祭、修学旅行等)での欠席及びクラブセレクション等進路に関することへの参加については出席とする。  

④インフルエンザ等、学校で出席停止となる病状で欠席した場合は、出席とする。

⑤冠婚葬祭(葬儀、結婚式、法事)での欠席は出席扱いとする。

⑥練習及び試合中に負傷し休部した者は、公傷扱いとし出席とする。 

⑦練習中の発病や怪我などにより、早退した場合は出席とする。

⑧皆勤賞は特別な賞であることを認識し、安易に欠席することを擁護し出席扱いに変更しないこと。

⑨皆勤賞は、選手の最重要目標とし、体調管理に努めること。なお皆勤賞により、家庭を縛るものではない。本業(学校)に影響が出

 ない様、体調不要時は、各家庭で話し合い、出欠を決定すること。なお、選手は、各クラスの監督に、直接電話等にて欠席を伝えるこ

 と。保護者は保護者会長に連絡すること。

(会計)

第 15 条

会計は関係帳簿として次の帳簿を常備する。

①金銭出納簿、出金明細表、領収書簿
②会計は入出金の都度、関係帳簿に必要事項を記入の上、管理、保管する。
③会計は前第13条第①項及び第④項により徴収した会費等を管理する。
④会計はいかなる場合も、事務局長の許可を得ず出金してはならない。
⑤会員及びその保護者は、随時関係帳簿を閲覧できる。
⑥会計は年1回、収支決算報告を作成し、当会に報告しなければならない。

(会計年度)

第 16 条

当リーグの会計年度は毎年9月1日から翌年の7月31日までとする。

(事業年度)

第 17 条

当リーグの事業年度は毎年9月1日から翌年の8月31日までとする。

(保険)

第18条

第 5 条 により会員としての資格を有した時は、次の保険に加入する。  
①スポーツ安全保険
②前項①の保険料はリーグの負担とする。
③保険に加入しない会員は、いかなる練習、公式試合等に参加することができない。

(練習日等)

第 19 条

練習日は原則として、次のとおり定める。

①土日及び祝日並びに平日の夜間練習1日とする。

②平日の夜間練習は自主練扱いとし、夜間練習が必要とされるクラスが実施するものとする。

③練習時間は、原則土日祝日の9時00分から17時00分とし、選手の集合時間は練習開始の30分以上前とする。なお、練習時間の延長及び 

 短縮が必要であると認めるときは、各クラスの監督が保護者の了承を得ることで、これを妨げない。なお、練習時間の延長は必要最小 

 限とすること。

④その他リーグが必要と認めたとき。

(入会金)

第 20条

第5条により会員としての資格を有した時は、次のとおり入会金を納める。なお、退団時に入会金の返金はしない。

①シニアクラス:7,000円

②メジャ一・マイナークラス:5,000円

(慶弔費)

第 21条

会員に慶弔あるときは、リーグとしてその意を表すとともに次の費用を支出する。
①会員及び会員の一親等以内の葬儀 10,000円及び弔電
②会員の二親等以内の葬儀 5,000円
③他リーグの会長及びこれに準ずる人の弔慰金5,000円
④その他のリーグが必要と認めたとき、協議の上決定。
 ※弔電については原則送らないこととする。

 細目

 

1 卒団式について

 

 ⑴ 卒団式は、シニアリーグ中心で行う。期日は8月下旬または9月上旬とする。

 

 ⑵ 各クラスの監督は、活動報告を行う。なお、リトルリーグクラスは3月までの(前チーム)の活動報告とする。

 

 ⑶ シニアクラスの役員を選出する。

 

 ⑷ シニア卒団生に記念品を授与する。

 

 ⑸ リトルリーグの卒団式は行わない。

 

 ⑹ 4月にリトルリーグ(メジャー及びマイナー)活動終了報告会を実施する。同時に新役員を選出する。

 

 

2 リトルリーグ4月から8月生まれの選手の取り扱いについて

 

 ⑴ 小学6年生の1月からシニアリーグの練習に参加することができる。会費は3月まではメジャー扱いのため、メジャークラス会費分(現在は5,000円)とする。

 

 ⑵ マイナークラスは、同様に4年生の該当選手はメジャークラスでの練習に参加する。会費はメジャークラスの会費分(現在は5,000円)とする。

 

 

3 選手の指導方針について

 

 ⑴ 監督は新チーム結成時に、チームの戦力等を分析し、その結果を基にチームの最終目標を設定すること。また、年間計画を立て計  画に基づき練習メニューを作成し、チームの最終目標を達成できるように努めること。

 

 ⑵ 監督は定期的に指導者ミーティングを行い、コーチに対して指導方針を伝えること。また、コーチの役割分担を明確にすること。

 

 ⑶ コーチは監督を補佐し、監督の指導方針に基づいて、選手の指導に当たること。また、新しい指導方法について提案し、チーム力の向上に努めること。

 

 ⑷ 各クラスの監督及びコーチは、各選手の年齢、性別、性格、体格、能力などを考慮し、選手にあった練習メニューで指導を行うこと。

 

 ⑸ 指導には厳しさが求められ、時折厳しい言葉が必要であると考えられるが、差別的な言動及び暴力行為は厳に慎むこと。

 

 ⑹ 3クラス統一の体力測定を実施し、統一した選手の育成に役立てること。

 

 ⑺ 指導者各位の活動時の服装は、チームの統一カラーの物を身につけ、一体感をもって活動すること。 服装を正し、選手及び保護者並びに連盟の見本になるよう努めること。

 

 

 4 グランド及びその周辺の整備について

 

 ⑴ グランド及びその周辺をむやみに掘り起こさないこと。

 

 ⑵ グランド周囲の溝は、土砂、木片、落葉等を堆積させないよう、常に清掃すること。

 

 ⑶ グランド周辺の物品の整理、雑草の刈り取り、ごみ等の除去をするなど、「整理、整頓、清掃」に心がけること。

 

 ⑷ 年2回(5月と11月頃)一斉清掃を実施する。

 

 

 5 何のために野球をするか・・・。

 

  プロ野球選手になるため、甲子園に出たいから、ただ野球が好きだから。いろいろな答えがある。でも、一番の根底にあるのは、野球は人生の一部であり、人として成長するためのものだということ。野球はあくまでも「人間教育の手段のひとつ」にすぎない。 大きな木の幹の部分が人間教育であり、その幹に野球や勉強、友人、家族礼儀など、いろいろな枝葉がたくさん伸びている。 野球だけではなく、それ以外の枝葉にもきちんと実をつけることで、初めて人として成長していける。 野球が幹になってしまっている人は、バッティングやピッチング、守備、監督との関係など、野球のことばかりが枝にぶら下がっていて、他のことを大事だと思わなくなる。ただ勝てばいい、うまくなればいいという考えで、野球以外のことを大事にしない選手は、人間として成長できないし、心も育たない。ひいては野球でも成果が残せなくなる。指導者及び選手並びに保護者は、選手自身が野球を通して、人間的に成長することを第一に考えてほしい。